2012年3月1日木曜日

真福寺椿コンサート2012

真福寺椿コンサート2012
開催日時:2012324日(土)午後330分開場 4時開演
出演:アンサンブル・リュネット














アンサンブル・リュネット
 2008年に結成された4名の男性フルート奏者(森本英希、谷風佳孝、江戸聖一郎、小山真之輔)によるパフォーマンス・グループ。「リュネット」はフランス語で「メガネ」を意味し、メンバー全員がメガネを着用している。けっしてイケメン4人組とは言えないが、インパクトのある見た目を重視しているという点ではある意味ビジュアル系である。一般に「カタい」というイメージがあるクラシック音楽を「身近に、気楽に、笑いとともに」というコンセプトを掲げ、毎年41日(エイプリル・フール)に定期公演を行っている。2011年、滋賀・大津にて開催された第15回日本フルートコンヴェンションではゲスト・プレイヤーとして招かれ好評を博した。また、その会期中に開催されたフルートコンヴェンションコンクール・アンサンブル部門において第2位を受賞。
 
森本英希 Hideki Morimoto
 和歌山県橋本市出身。京都市立芸術大学音楽学部卒業。大阪シンフォニカー交響楽団(現・大阪交響楽団)フルート奏者を経て、現在、テレマン室内オーケストラのフルート奏者。テレマン室内管弦楽団のソリストとしてバッハ、ヴィヴァルディ、モーツァルトなどの、数多くの協奏曲を共演。また、ピリオド楽器奏者として、CD録音(日本コロムビア、ナミレコード)、ライプツィヒ・バッハフェスティバル2003、ベートーヴェン交響曲チクルスなどをはじめとする多数の演奏会に参加した。丹波の森国際音楽祭2006(シューベルティアーデ丹波)のシンボルアーティストを務め好評を博した。2007年以降、毎年ソロ・リサイタルを開催。また、京都バロック楽器アンサンブルを主宰し、数多くの演奏会をプロデュースしている。ムラマツフルートレッスンセンター講師。

谷風佳孝 Yoshitaka Tanikaze
 奈良県出身。3歳からピアノを始める。京都市立芸術大学音楽学部をフルートで卒業後、ウィーンに渡りプライナー音楽院で声楽を学ぶ。帰国後、桐朋オーケストラ・アカデミーの研修課程を修了。第5KOBE国際学生音楽コンクールの管楽器部門を鍵盤ハーモニカにて審査委員長賞を受賞。同コンクールを室内楽で奨励賞を受賞。第10回日本フルートコンベンション・コンクール・ソロ部門第3位。第8回びわ湖国際フルートコンクール入選。ミュージカル『星の王子様』にて[うぬぼれや]役を熱演。バレエ『ジゼル』にて[街の貴族C]として、存在感を消した脇役を好演。現在、フルートと鍵盤ハーモニカによる活動を精力的に行う一方、天理楽器音楽教室にてフルートの指導にもあたっている。
 
江戸聖一郎 Seiichiro Edo
 兵庫県出身。京都市立芸術大学音楽学部卒業。大学卒業後に渡仏。フランス国立オールネイ・スー・ボワ音楽学校において、パトリック・ガロワ氏に師事し、同校を審査員満場一致の一等賞を得て卒業する。帰国後に京都市立芸術大学大学院において、18世紀のフルート奏法研究に取り組む。京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了。ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団フルート奏者。パールフルートギャラリー〈大阪〉教室講師。タンスマン国際コンクールファイナリスト(ポーランド)、ピカルディー音楽コンクール(フランス)1等賞、ル・パルナス・フルートコンクール第1位(パリ)、UFAM国際音楽コンクール1等賞(パリ)など、数多くのコンクールで優秀な成績をおさめる。


◎作品展示:木内ひとみ(京都市立芸術大学日本画専攻)
会場:椿観音様と水琴窟のお寺 真福寺(曹洞宗)
 
入場料:500円(小学生以下無料・乳幼児入場可)

定員:80名 自由席 申込不要

企画:真福寺椿コンサート実行委員会

特別協力:岡田加津子(京都市立芸術大学准教授)

後援:亀岡市教育委員会

問い合せ:0771-23-7843 真福寺(曹洞宗)

◎真福寺アクセス

亀岡市曽我部町西条下久保1(穴太寺西100m)真福寺地図はこちら
亀岡駅から 京阪京都バス3459穴太寺循環バス
亀岡駅1500発→穴太寺前1520


●グリーンな電力、美しい音楽♪
このコンサートで使用する電力は、100%風力発電による自然エネルギーで賄われます。
真福寺は、『グリーン電力証書』システムの利用により、電力1,000kwh分の風力発電に貢献しています。